死にたい人へのメッセージ(動)

自殺防止のメッセージ集(動画)

[死後の世界]解説①

死後の世界について、色々と解説しています。私も、死後の世界のことは、実際に目で見てきた訳ではないので、分かりませんが、確実に死後の世界はあります。

[死後の世界]解説②

死んだ後の世界についての解説、その②です。 要するに、死後の世界は安心の世界なので、怖がる必要はない。

[死後の世界]解説③

死んだ後の世界について、解説しています。誰でも、確実に、いつかは死にます。その時に、霊界に行ってから真実に気付くよりも、この世に肉体を纏って生きている時点で、死後の世界のことを熟知していた方が、圧倒的に有利です。 なので、自分自身で、よく調…

[死後の世界]解説④

死んだ後の世界というのは、確実に存在します。墓の中に入るのは、あくまでも、骨だけです。 あなたの魂、霊体は、そのまま存続し続けます。勿論、あなた自身の思考体型も、そのままです。要するに、肉体が滅びるのみで、それ以外の己の性格や見た目はそのま…

[死後の世界]解説⑤

死後の世界についての独自の解説、最終章です。 死んだ後の世界を事前に見学することは、幽体離脱して霊界を訪れることが可能な、とてつもない霊能者以外は無理です。 でも、書物でならば、霊界に関する知識を得ることが可能です。皆さんには、霊界に関する…

[死後の世界]訂正

死後の世界についての、細かな訂正です。まあ、どうでもいいことです。 う~ん、でも、恥ずかしいことでも、案外、それは生涯において、重要な出来事となるかもしれないので、しっかりと調査しなければならない。手術が失敗すれば、それは一大事であるから。…

[死後の世界]エンディング

死後の世界についてのエンディングの音楽。 めぞん一刻の[悲しみよこんにちは]を、箱根の森の中で流しました。案外、山の中でも、スマホの電波は繋がりますね。

助けを求めよう!

この世は、金が無いと、殆どのことが不可能だ。故に、この世で窮地に陥っている人というのは、殆ど、貧乏人である。 金が無いのならば、我を張らずに、助けを求めよう!身近に誰も助けてくれる人物がいないのならば、公的な支援を受けよう。つまり、生活保護…

楽しくないと生きていたくない!

この世を生きるにあたり、楽しくないと、やはり生きるのは辛い。 何かしら楽しみがないと、この人生というのは、真っ暗闇の中を歩くようなものだ。何かしら希望というか、楽しみを見つけたいものだ。

子供は自殺するな!

子供の場合、まだ人生経験が浅く、ちょっとしたことで、直ぐに死にたいとか、自殺したいと思うのだろう。 でも、大人になった私も、辛いことの比率が高くて、直ぐに死にたいとか思うのだから、まして子供ならば、猶更であろう。 でも、生きている年数、つま…

不安を抱くのはしょうがない

人間、特に何の才能もない、社会的に弱い立場にいる人間にとっては、ありとあらゆることに不安を抱くは、これは仕方がない。 私も、常に金欠なので、将来というか、何十年後というような遠すぎる未来よりも、今月の健康保険料と市民税の請求を支払えるのか、…

小さいことはどうでもいい

人間、振り返ると、「どうして、あんなことでクヨクヨ悩んでいたのだろうか?」と思うようなことでも、その時は、深刻に悩みまくるものだ。 でも、生きるに際して、割とどうでもいいこともあるのだ。だから、なるべく、小さな出来事に対して、いつまでもクヨ…

人生は何とかなる!

人生は、割とどうにかなるものだ。 その時は、もう駄目だ~・・・お終いだぁ~・・・と思ったようなことでも、その時に堪えて生き続けておれば、なんとか、予想外のことが起きて、生き続けられるようになる可能性も高い。 故に、早まって死ぬようなことは、…

人生は焦るな!

人生は長い。たとえ30歳で死ぬとしても、30年間もの時の流れというのは、相当に長い。まして、89歳で死ぬとなれば、それよりも遥かに長い時がある。 故に、いつ死ぬかは不明なのだから、焦る必要はない。 勿論、早くせねばならない、という焦燥感があるのは…

借金でなんて自殺するな!

借金というのは、つまり経済苦、借金苦というのは、日本人が死にたくなる理由の、堂々第一位であろう。 かくいう私も、過去に二度、クレジットカードのリボ払い地獄に陥り、その内の前の一回は、サラ金地獄も同時進行していた。 二度目のリボ払い地獄は、二…